ラクス
    ラクス – 1-2

    ━━━ZOOMお申し込みはこちら ━━━

    「商談数を増やすには」をテーマに、
    2社によるディスカッションと成功事例を公開!

    リモートワークが浸透する中、

    「営業のDX化がうまくいっていなく、テレアポも取れない」
    「リストはあっても、効果的なマーケティングができていない」
    「MAを導入するのは少し重すぎるけど、、」

    といった商談数の獲得に悩む方へ、

    • 商談を増やすために見るべき数値
    • 商談を増やすための具体的な対策と施策
    • コロナ禍での営業フェーズの考え方

    を具体的にお話します!ぜひ自社に実務ノウハウをお持ち帰りください。

    ウェビナーコンテンツ 

    ウェビナー218 – 10

    14:00~14:10

    オープニング・会社紹介

    ・プログラム説明
    ・各社自己紹介
    ・質疑応答の説明

    ウェビナー218 – 11

    12:10~14:20

    【マーケティングDX】リード創出による商談数増加

    マーケティング会社のH&Kによるコロナ禍でも適応できるリード創出・そこからの商談化へのフロー部分について事例と合わせて解説

    ウェビナー218 – 12

    14:20~14:30

    【営業DX】見込み顧客フォローによる商談の創出

    有効リード2割が営業に行っている間に、 有効リード8割のリードをフォローすることで、150%商談数を増やした事例も紹介

    ラクス – 2

    14:30~15:00

    2社間ディスカッション・まとめ

    H&Kとラクスの2社間で、「商談数を増やすには」というテーマでディスカッションを行います。質疑応答はいつでもOKです。

    \7月20日(火)14時~15時/

    \ 登壇者 /

    グループ 36-1
    画像 9

    株式会社ラクス

    配配メール事業部/
    配配メールBridge プロダクトオーナー

    石川太郎

    2014年にラクスへ入社し、営業としてメールマーケティングサービスを約1500社へ運用提案、400社以上に導入。
    営業チームリーダーを経て2017年よりマーケティング部門に異動し年間50本以上の共催セミナー/展示会の企画・運営を担う。
    現在は配配メールBridgeの市場調査・ターゲティング・ 新機能立案など製品企画に従事している。

    グループ 37
    画像 9

    株式会社ラクス

    配配メール事業部/アライアンスチーム

    江嶋大河

    2018年にラクスに中途入社し、ダイレクトセールスを経て、2019年度に配配メールのアライアンスチームの立ち上げを行う。
    現在は配配メールのアライアンス業務と、年間300社以上へメールマーケティングの運用・導入コンサルティングを行う。

    グループ 1-3
    29

    株式会社H&K

    代表取締役CEO

    安藤弘樹

    MA・SFA導入支援/SEO/広告運用/ツール開発/マーケティング全般。22歳で起業。代理店ビジネスとEC事業を展開。27歳でニューズベースで最年少でセールス・マーケの責任者。入社するまで部署の売上が2000万だったところ、1年で2億1000万まで成長させる。28歳で広告運用の会社で取締役CMO。30歳でH&K創業。

    グループ 43
    29

    株式会社H&K

    取締役COO

    田邊幸大

    企業イベントとBPO事業の会社で法人営業→プロマネ→営業管理職→マーケティング部署立ち上げ→営業・マーケ部門の役員まで通算約13年経験→広告運用会社役員の後、1月からH&Kに参画。現在はマーケティング、採用、業務フローの相談に乗ったり運用したりする事業を展開。

    セミナー概要 

    日時
    2021年7月20日(火)14:00~15:00
    配信
    ZOOM
    参加費
    無料

    お申し込みはこちらから

    \7月20日(火)14時~15時/